外壁塗装

お住まいの外壁は年月の経過と共に、汚れや色あせ、コケや藻の発生といった劣化の症状が見られるようになります。
このような劣化症状は、外壁塗装をすることで新築時のような美しさを取り戻すことができます。
最近の塗料は従来に比べて意匠性が上がっているため、色合いの他にも従来とは異なる質感を楽しむことができます。

しかし、外壁塗装の本来の役割は、防水性を高めて躯体を保護することにあります。
建物は日々、雨風や紫外線に晒されており、塗装によって守られています。そして、塗装の効果は永遠に続くものではなく、経年によって徐々に劣化していきます。

劣化した塗装をそのままにしていると、塗料が持つ防水性や撥水性、耐候性といった性能が失われて雨漏りが起こり、建物の寿命を縮めることになります。

このような事態を防ぐためにも、定期的に外壁を塗り替える必要があります。その際、外壁材や周辺環境に合わせた塗料を選ぶことで、さらに快適な暮らしを実現することができます。

外壁塗装の目的

【1】建物の美観を維持または向上させること


【2】あらゆる外的要因から建物の躯体を保護すること


【3】防水・遮熱などの機能性を加えること


防水工事、外壁塗装のことならK・PIECE

【事務所】0744-33-9653
【FAX】0744-33-9653
【所在地】奈良県橿原市土橋町86番地1
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】奈良県を中心に近畿一円

一覧ページに戻る